東豊栄の人生相談実例

賀茂陰陽師 東豊栄

耳の病が治った話

事例1

<耳の病が治った話>

平成21年5月の時である。
京都の相談者から石切の相談所に電話あり。

娘が数日前から耳の病気になったという。左耳がきんきんなってしかたない。
金属音がする。眠れない。
友人に相談するとステロイドを使うこともあるので、
それはやめた方がよいと言われたと言う。

「先生なんとかならないものですか」と訴えてきた。
電話口に娘さんに出てもらった。理由を聞く。
本人もよくわからないという。
急にきんきん耳鳴りがしてきたという。
この娘さんは肉眼で見えない世界が見える人だともいう。

そういう人だったら話が早い。
「人間は、肉体の他に目に見えない体があるからそっちの方を強く意識
して肉体に意識をやらず、ほっとくように。
それを実践してください」と約一時間話をする。

病気本来なし病本来なしの話だ。次の日母親から電話あり。
今朝からきんきんしていた娘の耳が治ってしまったという
お礼の電話であった。

今日、京都で神道教室で数人の指導をするきっかけになった出来事であった。