東豊栄の人生相談実例

賀茂陰陽師 東豊栄

異次元能力の価値と変革

事例

高校2年生のNさんの見える聞こえるという霊的能力の変革

知人を通じてご両親と女の子が石切相談所にきた。
21年10月頃である。

<相談内容>

目に見えない世界が見えたり聞こえたりということで、この変なの能力をなくする
にはどうすればいいか。なくなるのかどうか。
どうすればいいのか。このままほっておくとこの子は気違いにもなりかねない。

<直言アドバイス>

じっくりと話を聞く。このややこしいこの問題解決には3時間かかった。
女の子を見ると体格もいい。お父さんが少林寺拳法をやっていて道場をかまえてる。
本人も大会で何度か優勝したらしい。

道場のある場所は昔の古戦場の跡である。
女の子はそこで戦った鎧を着た武士の姿も見えるし声も聞こえる。
私と女の子の会話の中からわかったことがある。

女の子のバックには彼女を指導しているお婆さんがいた。
その女の子とお婆さんはいつも会話できるという。いわゆる彼女の指導霊である。
私も異次元と交流できるのでお婆さんと話してみた。

「この女の子の異次元能力は閉じないほうが良い。
ゆえにその方向に導いてやってほしい」といお婆さんの伝言である。
ここで一つ疑問がある。なぜお婆さんが直接彼女にそういうことを語らないのか。

彼女の指導霊ならば彼女にそのことを語らなければならないのに、なぜそうしないのか。

その理由は私から語ってあげてほしいとのことだ。私の指導が必要だからそういう
ことは語らないという。

異次元と交流する能力といっても常に100%の状況で交流できるものではない。
だから当事者もその理解が必要だ。
人間世界は人間が主人公である。 神さまが主人公ではない。
だから神さまは人間に理性、感性、霊性を与えているわけである。

異次元情報を100%信じてはいけない。しかし、人間世界には彼女のような
霊的能力が開花している人も少なからずいる。その能力を閉じる閉じないも自由である。

< 結論>

「彼女への指導はこうである。あなたの霊的能力は閉じてもいけない。なくしてもいけない。
他者にはないその能力に、さらに磨きをかけてお婆さんとの交流をさらに進めなさい。
一族のためにその能力が必要になる時期が必ずくるので、もっともっとのばしてほしい」

そのようにご両親と女の子と紹介者に語った。ご両親も納得した。閉じないほうが
いいことがわかったらしい。

ゆえに、私は少し専門的になるが女の子に彼女が必要な印(イン)の組み方と言霊の
出し方を直接指導させて頂いて終わる。

後、何日か経って紹介者から電話があった。女の子は元気で頑張っているらしい。
自分の能力に自信が出てきたという。
東先生に電話して尋ねたいこともあるのだが「指導霊のお婆さんに聞けと言われているので
電話はしなかった。との事であった。

(余談)
うつ病の人は、ストレスで自己エネルギーが弱くなっている。そこに異次元から変な
ものが憑いてしまう。そしてますます落ち込んでいく。

病院にいくとMRIで調べても肉体的にはどこにも原因がない。
本人はやる気が起こらず、仕事もできないまま引きこもりがちになる。

この治療は、バックに憑いた変な生き物(肉眼では見えない。だから厄介なのだ。
私(東)も経験があるのでよくわかる。)を浄化昇天させれば本人のエネルギーが元に返り元気になる。