東豊栄の人生相談実例

賀茂陰陽師 東豊栄

離婚問題

事例

  相談内容 離婚問題

  年令が19才から68才までの離婚相談を受ける。
 

  その理由をここに述べる。
  
  1)性格の不一致
  2)すれ違い
  3)ほっとかれる
  4)家にお金を入れない
  5)一緒にいるだけでいやになる
  6)他に男をつくる 
  7 姑との確執
  8)子育ての不一致  等々

  <助言・直言>
  
   この問題での相談者は、20数名である。様々な立場がある。
   離婚を勧めることはまずないが、ことによっては勧める場合も
   あった。

   不思議なことにすべての相談者は女性であり、男性は一人もいなかった。
   世の男性諸君はもっと奥さんを大事にしなければいけない。

   この程度のことは男性諸君ならばすべて理解しているはずだ。
   ではなぜ奥さんの方がこうなるのか。夫が悪いのか。奥さんが悪いのか。

   その周囲も含めていろいろな理由があるが、私からみると全て御先祖の
   お祭りが出来ていない家ばかりであった。


   だからご先祖供養のやり方を教え鏡の法則を教える。仏壇とお墓が
   なければ出来るだけ早く作るように勧める。
   これを実践してまだご主人と別れようと思うならさっさと別れた
   ほうがよいと助言する。

   最近は3組に1組の割合で離婚がなされる。双方嫌いで結婚した
   夫婦は1組もないと思うが、なぜそうなるのか。
   根っこの部分の理由がわかればその問題は解決する。

   私は離婚相談に関しては必ず語ることがある。
   「結婚の目的はなんですか。なんであなた
   結婚したの。離婚する前に」と尋ねることにしている。