平成29年3月26日 神道同志会セミナーのご案内



4月・5月・6月・7月の日程

場所 大阪市立青少年センター(ココプラザ)

   JR新大阪駅東口から徒歩5分

東口を出て、左の方へ歩き、道右側の角にある寿司  屋を右折し真直ぐ歩くと左手に見える。



日程

第70回神道同志会(70回記念)

大祓祝詞の天津祝詞の太祝詞(20音)の公開第1回目

4月26日(水)人生相談・個人指導 午後4時から午後6時30分まで(803号室)セミナーは午後7時から9時(803号室)



第71回神道同志会

5月24日(水)人生相談なし。

セミナーは別館3階多目的室。

午後7時15分開始9時まで。



第72回神道同志会

6月28日(水)人生相談午後4時から6時30分(805号室) セミナーは午後7時から9時まで



第73回神道同志会

7月26日(水)人生相談・個人指導 午後4時から6時半。 セミナーは午後7時から9時まで(どちらも801号室)
平成28年12月2日 次回神道同志会源氏滝行

日程
平成29年5月21日
時間・集合場所は前と同じ。
平成28年12月2日。 神道同志会セミナー

第66回
28年12月26日(月)日程変更は今回のみ。次回からは毎月第4水曜日 時間と場所は以前と同じ。

内容 四書比較研究 崇神天皇紀
平成28年10月19日 第64回神道同志会セミナー

期日 10月26日(水)
場所・時間は63回目と同じ。

内容 崇神天皇
   特に崇神天皇の葬儀祭主を務めたトヨスキイリヒメについて。

   この件は、大成経独自の見解だ。
   これを見ても、偽書でない証明の一つだ。

   江戸時代の偽書とする学者は、古事記・日本書記にも書かれていない葬儀内容を、江戸時代の人が書けると思っているのか。
   天皇家で最も重要な内容をである。

っ平成28年10月19日 神道同志会滝行

期日 10月23日(日)

場所 源氏の滝

集合場所 JR津田駅前広場 11時集合

持ち物等は私のブログ参照。
平成28年9月1日 第63回神道同志会セミナー案内

期日 平成28年9月28日(水)
場所・時間はいつもの通り。フェイスブック等で見て下さい。
内容 崇神天皇その2(大成経・古事記・日本書記の比較)
   特に、天皇・皇女の神懸かり現象について。
   伊勢五十鈴クシロの光の壁29か所(倭姫・トヨスキイリヒメが築く)
平成28年9月1日 第63回神道同志会セミナー案内

期日 平成28年9月28日(水)
場所・時間はいつもの通り。フェイスブック等で見て下さい。
内容 崇神天皇その2(大成経・古事記・日本書記の比較)
   特に、天皇・皇女の神懸かり現象について。
平成28年9月1日 神道同志会滝行案内

日程 平成28年9月25日(日)
集合時間、場所等はいつもの通り。
ブログ案内 フェイスブックで見て下さい。
平成28年9月25日(日) 神道同志会の滝行

場所、時間,滝場はいつもの通り。
滝行案内を見てください。フェイスブック等で。
平成28年6月20日 神道同志会滝行


1) 期日   平成28年7月3日(日)
2) 場所   大阪府交野市・交野山 源氏の滝 祭神(ショウリツヒメ神・母神)
3) 集合場所 JR学研都市線津田駅の前広場午前11時集合)          
4) 持ち物  ・塩1s。お酒ワンカップ1つ。
     ・全身「白」の服装
     ・白い体操服の上下又は白のTシャツと半パンツ。 
      (武道をされている人は武道着でもよい)
     ・鉢巻
     ・地下足袋又は足袋。
     ・バスタオル。着替えなど。女子は水着着用の事

滝行目的と効用
滝行目的は二つ。
前者は禊なり。禊は徹底的に自己の肉体と心意識をミソギ自己の5つの身体を光輝かせる行。後者は第7チャクラ(渦巻き・サハスラーラチャクラ)を開き、肉体の心意識が神の心意識に目覚めさせる行法。

 滝行は100パーセント滝神のEGを受け切ると第7チャクラが開く。その力が両手に伝わり両手をブルブル回すようになる。これが密教語る水輪行の完成の姿である。滝行はインド、チベットも実践行法の一つ。
滝は第7チャクラを開き、クンダリーニヨガは第1チャクラより入る。水と火の如く人間の身体に働かれるEGが真逆である。肉体を持ち神体形成(直日開示から一人一宗へ)が出来る行法。玄體結成法ではなく神體結成法。
  
聖徳太子の神職憲法第1条に依るならば、日本の国には、日本を守る國玉の神様がおわします。その御分神が山河の神となる。滝行は自己の神と滝の神の融合を教えてくれる快い行事となる。その滝神の力で自己の罪けがれも初めて見えてくるアジアモンスーン地帯の中では具体的に神を知ることのできる優れた行事である。若者は、是非取り組んでもらいたい。自己の中の天照・月読・スサノオを知るために。
平成28年3月1日 神道同志会セミナーのご連絡

第53回・54回・55回は聖徳太子五憲法の中神職憲法第一条を三回に分けて講義した。


85条もある5憲法の中神職憲法第一条がその中核である。これを聖徳太子は1300年の昔に今の状況、日本の状況打開の為に、夢殿に篭り5憲法の想定を練ったといえる。


正しく太子は未来を見る能力者っであったということが、神職憲法第一条から明確となった。


所謂未然を知ることが出来る証明が第一条である。92文字で書かれた第一条の骨子は、神人合一法が解かれている。


2月24日第56回神道同志会では、アデン湾の渦と神職憲法第二条について説明した。この渦と大成経72巻は大きな接点を持つ。


易学において、上を南とし下を北とする、この理由は易学の発生は前文明の申し子であるということだ。


次回57回(3月の第4水曜日)3月23日は神職憲法第3条を説明し五母音の発声法の実地行法を実践する。


あ音はホワイト色3種、お音は薄いブルー、う音は赤3種、え音は上から下へ波動音の流れが起こる橙だい山吹色、イ音は全体的な緑と青である。


即ち霊界色彩分布、神界色彩波動音である。これが呪音の中心の色である。
神道同志会セミナーご案内

テキスト 先代旧事本記大成経第70巻憲法本紀神職憲法第1条
月日が立つのは早いものです。森ノ宮神社石崎宮司主催の「バリ島の兄貴に会いに行く会」参加が御縁で宮司から頼まれ、森ノ宮神社で始めた神道同志会(易学・賀茂陰陽師セミナー)も昨年12月で第54回目を迎える事になりました。


同時に開催した京都御所の西に位置する護王神社(祭神・和気清麻呂公)セミナーも第50回の節目で終了させて頂き、残す所大阪のみとなりました。


53回目11月からは大成経の編集発行者である潮音さんの先代(神代皇代)旧事本紀大成経72巻(ササキ本30巻は乃木大将愛読本)中の第70巻憲法本紀を熱心且つ人生の求道者である同志達と共に学びました。大成経に隠された次元の扉を開きつつ「自己の霊性」の向上に約立てようとすることがその目的の一つです。

第一回目は、現代の大成経先駆者で在られる宮東斎臣翁の70巻テキストと歌手の三波春夫著テキストを用い2時間のセミナーでした。次回12月は更に内容を深めます。かんながらの道と聖徳太子に御縁ある方々はお気軽にご参加ください。

第一回目憲法本紀琴の和道(ホツマの万物浄化の琴の音50音)神職憲法第一条セミナーの結論
宗源の鏡、斉限の鏡、霊宗の鏡に照らし合わせ、貴方のミタマは、この3部の鏡のうち、どれにいるであろうか。それは貴方のミタマの働きである。貴方の過去世の行為が第1条より解明されます。第1条は、貴方のこれまでの行為のエッセンスを映し出す恐るべき鏡です。すなわち天地人三才を映し出す天照之鏡(大円境智)です。

第2回目12月23日(水)は、更に1条の内容を全体的に深めてまいります。聖徳太子の御一族は全て抹殺されたのではなく京都府綴喜郡井手町の王の山に逃げられたと云う伝承をあなたはごどん時でしょうか。斑鳩の里から井手町までは自転車で約1時間半かかります。逃げられる道のりです。


日時  毎月第4水曜日 午後7時15分から9時15分 
    平成28年1月27日 2月24日 3月23日   
会場  大坂市青少年センター(ココプラザ8階)
    JR新大阪駅東出口から徒歩5分

会費  3千円(学生300円)人生相談(予約 希望者)

平成27年11月3日   加茂の里三十八神社新田開き祭


私の尊敬する言霊50音の実践者(言霊百神の著者)であられ且つ30年の農業実践の歴史を持たれ、日本の食と大地の安全の為に、荒地を開墾してそこに産土神の息吹を与えんとされる大下伸悦先生をお招きして、加茂の里三十八神社の神庭で「新田開き祭」を致します。



昨今、TPPも絡み農村人口の減少(農村では生活できない)により土地の産土神社を支える村落共同体が20年後、30年後には完全崩壊の危機を迎えようとしています。



今日でも京都の北部神社では一人の宮司さんが大小合わせて三十六社余りの祭事を行っている神社もあり、この現実は日本の産土信仰の大きな危機であると云わざる負えません。この国のこの現状を注目黙視している大きな眼の国がある事を我々は忘れてはなりません。



この現実を踏まえて今回の「新田開発祭」は天のアカシックレコードに農村繁栄の設計図を描き、そこに国魂の神、産土の神の神力エネルギーを注ぎ込んで頂き、この国の大地を歩き生活している参加者全員で「日本国の山河草木と日本人の関わり方」を今一度真剣に考えて頂くというお祭りになります。
このお祭りの趣旨に関心のあられる方はどうぞご参加なされて下さい。



期 日   平成27年 11月19日(木)午前11時半集合
場 所   JR奈良大和路線加茂駅西口バス停前
      JR大阪駅より約30分
持ち物   1カップ1つ 
平成27年9月5日 神道同志会滝行実施。
期日 9月27日(日)源氏の滝。

集合場所 JR学研都市線 津田駅
午前11時集合 持ち物は以前の通り。

以前の滝行案内等をブログ、HPの表紙参照。
平成27年2月17日 第19回神道同志会(賀茂陰陽師塾)セミナーのご案内

・ 期 日 平成27年2月25日(水)毎月第4水曜日19時〜21時
・ 場 所 大阪青少年センター(ココプラザ8階)新大阪駅東出口、徒歩5分
・ その他 会費2千円後直会食事(希望者) 当日飛び込み参加OK


・ 第18回セミナーの内容
・ホツマツタエの五母音とカタカムナの五母音の意味の比較検討
・人間の5つの体である肉体 幽体 霊体 神体 直日の説明
・磐座に入ったアマテラスと出てきたアマテラスのエネルギーの違いを旧事本紀大成経から説く
 
・私の故郷四国阿波の美波町から5500年前の縄文式土器の発掘とその近くの民家に存在したといわれるホツマツタエの写本との関係

・最終には五母音の発声方法の実施。小さなセミナー室で私の5母音発声時の音色を調べる言霊重要実験。参考の為に。物質化の為に。

・ア音は薄い黄色と白色。体全体からボアーンとして上へ広がっていく。
・イ音はそのエネルギーが前に出てくる。緑と青の薄色。
・ウ音はお腹に溜るような留まるようなエネルギー。色はピンク又は赤色。
・エ音は溜ったエネルギーが下へいく。濃いめの山吹色。
・オ音は背中から後ろにいく。水色っぽい色。


熱心な求道者且つ参加者且つ神霊能力者Tさんの視覚に映った五母音声の音色である。この実験は今回初めて行われた。Tさんの視覚に映った色の映像を私がサニワするとほぼ間違いない。カタカムナ文字の熟練者ならばこの情景がよくわかることでありましょう。



19回の実践神道セミナーでやる主な内容

・五母音の発声練習。特に自己の意識を開くア音について
・子音と父音の音色の発声時の色のサニワ 
・大成経が説く虚空体(神体かみからだ)について
・神代文字について
・バジュラ活用について
・人間の五感感覚の表面意識と潜在意識(過去世意識)と神意識(御霊)について。
      
  19回目は特に50音の発声が中心になるでしょう。   神道同志会代表 東 豊栄 (連絡070-6504-2275)
          平成27年2月13日午後3時33分記
平成27年1月4日   大阪神道同志会・賀茂陰陽師・大成経の会セミナー

場所 新大阪駅近くの大阪青少年センター(ココプラザ8階)

日程 1月28日(水)2月25日(水)3月25日(水)の第4水曜日に決定。

時間 午後7時から9時まで。当日の午後1時から個人相談鑑定実施

会費 2千円

内容・五種の神代文字で自身の名前を書く
  ・神代文字と波動文字の関係。 
  ・アの言霊の発声方法とチャクラの関係。
  ・空間を切るバジュラの使い方
  ・鎮魂帰神について
  ・神霊写真の説明
  ・その他多種
  ・当日参加OK.連絡は自由。 
平成26年10月16日       今年最後の滝行実施

期日場所 平成26年11月16日 大阪府交野市源氏瀧

集合場所時間 JR学研都市線津田駅前のバス停 
       午前11時 

連絡場所 神道同志会 TEL070−6504−2275

目的 自己神の御霊開き(チャクラ開き)
   御霊を開き親神とお山を知り、肉体死後お山から
   神界に帰る。是、神道の即身成仏、成神。
   
平成26年9月4日 大阪上之宮八坂神社セミナーも京都護王神社セミナーも内容は殆ど同じか、その時の各自の目的により多少は異なる。

八坂は第3水曜日19時から21時、護王は毎月第一土曜日、時たま第2土曜日の固定。参加連絡は自由。


9月から12月の内容

1. 神代文字

2. 大成経と大日経の関係

3. フト祝詞とひふみ祝詞

4. 言霊50音の発声方法

5. 身体のチャクラと密教の六大の関係

6. その時の参加者の質問をテーマにする。

7. 自己を学び、言霊を学ぶ内容

8. 自己、一族、九族、日本、地球も意識に入れる内容

ブログを見て下さい。
平成26年7月14日 第10回神道同志会大成経研究セミナーレジメ

          日時 平成26年7月16日
場所 大阪大正区上の宮八坂神社 
時間 19時〜21時

内容

・先代旧事本記大成経の伝言とは・・・一体何が言いたいのか?
・私の体験と大成経の関係
・神音と真音の関係性
・声字実相義と大成経の関係性
・大成経序が語る円光(タマユラ、オーブ)と「あ字」の関係性

・日本書紀、古事記、ホツマツタエ、大成経、竹内文献の関係式
・身体の7チャクラと密教六大(地水火風空識)と気学五行と大祓祝詞の関係
・大日経秘密曼荼羅品(地輪・水輪・火輪・風輪・空輪・識輪)と滝行の関係
・神社の神気と神木と人間の関係
・神木と大地と人間の同調交流
・ヒフミ祝詞と50音発声による意識上昇
・ひふみとは

・自己とご先祖の関係・・・7代前は大いに関係する体験談
・身口意の三業と身密口密意密印密について
・バジュラの活用・・・空間を切る独鈷、EGを天空より地上に降ろす五鈷の説明
・神音50音の5段階の発声方法・・神様に通じる言霊の第一歩は一段階発声から
・三十八神社とはイザナギ・イザナミのミコ三十八神をお祭りする神社


7月5日京都セミナーでは上記のいくつかの解説と実践を行う。神様と交流が出来る兵庫のおばあちゃんが山奥からわざわざセミナーにこられた。

ソソウが無いように、おばあちゃんに意識を向けて午後1時半から5時まで休憩を取らず語りに語り語らされた。

帰りはにっこりされ神様から云われている20年間の沈黙が光を帯びたようである。さあ、何を出されるのか楽しみだ。

平成26年6月14日        平成26年度神道同志会滝行

・日 程  7月6日(日) 8月3日(日) 9月7日(日)の3回

・滝行の場所、集合時間、心得と持ち物等の連絡は昨年と同じ(HPとブログ参照)

・会 費 神道同志会会員 大成経研究会会員・3580円

            会員外(例外無し)・5000円

・連絡先 神道同志会事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『神道同志会』「滝行・海行」
http://aloha88.net/38jinja/index.php?go=5IJIFi
https://www.form-answer.com/applications/TX6EE
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                
平成25年12月19日 平成26年1月神道同志会・先代旧事本記大成経講義


大阪・大正区・上の宮八坂神社にて・1月15日・第3水曜日・19時開始。

京都・護王神社にて・1月11日(土)13時30分開始。

内容

大成経・天照大神の三体変化(男神・女神・融合神)
平成25年10月11日         神道同志会とは

・神道同志会第一回目のセミナーの内容は、同志会の五大目標の関連性について話したいと思います。さらに時間があるならば旧事本記大成経におけるタカミムスビの神様の働き即ち五行相生について皆様方と共に考えていきたいと思います。


旧事本記大成経は、日本歴史文化を学ぶ上での神典宝庫であり、そこには我々日本人のご先祖が培ってきた日本の国を真に開く方法が多岐により書かれております。憲法・教育・政治経済・医療・外交などの様々な分野がみられます。その一つでも徹底的に研究し体得するならば素晴らしい智慧が開かれることでしょう。

五大目的の自己、一族、日本の各ミッションは、其々が孤立しているのではなく、この三者が三位一体となり小さな渦から大きな渦へ循環するように作られております。


だから同志会の五大目標と旧事本記大成経は切っても切れない相互関係で結ばれております。大成経の正式な名前は、神代皇大大成経(かんつみよあめがしたのみよおおいになるつねのり)と申します。それは推古天皇の28年聖徳太子の要請により時の大臣達に命じて卜部家、忌部家、物部家、出雲家、三輪家、吾道家等の家宝の書物と天皇家にあった内録の計7つの書物とさらに忌部家、卜部家の土の下から出てきた古記録を元にして聖徳太子が編纂されたものであると云われております。


その編纂に活躍したのが聖徳太子のブレーンである秦河勝と小野妹子であり、太子亡き後、推古30年に大成経が完成されたようです。大成経(行法を含む)を学ぶことにより、五大目的の一、二、三が深く認識されます。


さらに深めて語るならば、大成経の解読体得には、その前提として自己ミッションの理解構築が不可欠となります。これ等を学び、何の目的でこの激動の時代に我々が一族(代表)を選んでこの日本に誕生してきたのか等を、心の髄まで共に覚り、この世の自己人生を大いに開かんとするのが「神道同志会の目的」であります。


展開の大事な場所は、海の神様の二神まします大正区の八坂神社です。


自己ミッション、神道、密教、キリスト教、回教、一般宗教に興味を持たれる方それに人生上に大きな憂悲苦悩を持たれる方等年齢男女を問わず誰でも気軽に参加できます。当日大阪大正区に鎮座される八坂神社に来て頂ければOKです。
平成25年10月11日           神道同志会設立

五大目的
・自己ミッションを知る・・・何故この世に産れてきたかその理由。

・一族のミッションを知る・・・何故このご両親この一族なのか。

・日本のミッションを知る・・・なぜ日本国なのか。

・日本の文化の深層と真実の歴史を智る。

・言霊数霊学・易学・神霊学を学び生活の中に実践する。
(付 テキスト第一期二期陰陽師塾資料 旧事本記大成経72巻本[米国の戦前戦後の日本文化研究の第一級資料。古事記、日本書紀ではない]を活用等)

・神道同志会は別名・皇(アキツ)神道同志会と云う。同志会は自己の可能性を最大限に高め、将来の生きがいを今求め追求し、何故、私がこの世界に誕生してきたのか。誕生せしめられたのか。


その背景にある一族ご先祖さらに日本の山河自然界との関係・神話学・言霊数霊学・神霊学の学びの庭です。これが魂レベルから「理解構築実践」できた暁には、自殺無き社会といじめ無き学校生活が展開し「感謝・感激・感動」が自己の魂(意識体)に呼び覚まされます。


その「自己創造構築」が神道同志会のミッションです。同志会ですから、誰でも参加できます。特に青年・学生さんは、あなたの天命を知れば知れば知るほど大きく花が咲きましょう。尚、セミナー参加への連絡は不要です。いつでもね.


「セミナ-京都会場」

・京都護王神社(御祭神・御皇室の守護神和気清麿公・京都御所の西側・明治天皇の意で高雄山神護寺から公のミタマを御呼びし明治になりすぐに創建)    毎月第1土曜日              13時30分〜16時まで。   

・個人指導(予約)             12時〜13時20分

・九数霊学・言霊数霊学・神霊学       13時30分〜16時



「大阪会場」

・上之宮八坂神社(大阪環状線大正駅から徒歩7分。御祭神スサノヲ大神

姫島龍神)

・期日 10月から定例毎月第3水曜日   午後7時〜9時(6時半から受付)

・会費 3580円  学生 無料 

    

・個人相談メール連絡 toyosaka3588@kcn.jp又HPhttp://38jinja.com

携帯070-6504-2275 

南山城加茂の里 三十八神社宮司 賀茂陰陽師塾頭 東豊栄【9月5日記】

追記



神道同志会で大成経を取り上げます。みんなで自己ミッションを創り上げる智慧を大成経から発掘致しましょう。機会があれば、旧事本記大成経だけを研究する会を別に創ってもいいと思います。
これは、大変な事で一人ではできません。みんなでチームを作り上げねばなりません。

私の手元に、一通りの資料はありますが、参加なされる方の大いなる智慧が必要です。

大成経の発掘に命を懸けられた故宮東先生の供養にもなり、先生も草葉の陰から応援なされましょう。
平成25年9月1日      9月7日、護王神社陰陽師塾セミナー


今回は、参加者全ての天命使命と本人が持つEGについてお伝えいたします。

憂悲苦悩の繰り返しである貴方の人生を、生き切る事に当たり、

現実問題の解決方法を天命使命から考えてみたいと思います。

どんなことがあっても、自殺で解決できるものではありません。

自殺をすれば、今の苦しみの10倍の苦悩がやってきます。

向こう側からね。

天命使命が解れば、人生の謎、なぜこの時代に産まれたのか、と云うことも解り出します。

そうなれば(意識)しめたものです。

飛び入り参加OK.13時30分から14時まで。学生無料。参加費3580円。
平成25年7月25日         賀茂陰陽師塾セミナー

・内容 [自己ミッションを知る。一族のミッションを知る。日本のミッションを知る。日本の文化と歴史を知る。言霊学・数霊学・神霊学の三大スメラ神学の学び]

[陰陽師神法行法の実践]

・自己及び他者の運勢・運命・会社の機運・日本国の流れ等を賀茂九数霊スメラ神学を用いて自己・一族・日本のミッションを学びます。日本文化の背骨は数霊学・言霊学・神霊学にあります。

この三つのミッションを学び体得する事で、なぜ自己が、この世に、この時代に送り出された理由とそれに伴う天命使命(ミコトモチ)を智ることが出来ます。

「みこともちミッション」を智ることにより、自殺者が皆無となり、自己と一族と日本の浄化が出来る新しい死なない自己の誕生となります。

賀茂一族はそのご神体(イザナギの神が持つモモ)が示す通り「再生の神事」を体得し実践することが一族の天命です。再生の神事とは肉体の自我から神様の自我ミタマへと意識が転換することにあります。

そこまでミタマが光り輝けば、人間の死後の生も玉ねぎの皮を一枚一枚剥ぐように解ってきます。縁あるものよ、学生、青年、壮年、お年寄り方、「賀茂塾」に来たれ。飛び入り参加もOK。

「セミナー会場」

・京都護王神社(御祭神・御皇室の守護神和気清麿公・京都御所の西側・明治天皇の意で高雄山神護寺から公のミタマを御呼びし明治になりすぐに創建)

 毎月第1土曜日      13時30分〜16時まで。   
賀茂陰陽師塾セミナー

・個人指導(予約)        12時〜13時20分

・陰陽師九数霊学・陰陽学・祝詞神法13時30分〜16時

[内容]
 
6月  エネルギー後天盤図坤宮(二)と言霊行法と滝行・水行の説明
7月  震宮(三)とバジュラ結界神法と阿字観

8月  数霊学・言霊学・神霊学及び神風伯行法
 
9月  数霊学・言霊学・神霊学及び真澄気吹法

10月  数霊学・言霊学・神霊学及び太陽拝礼法と切り火神法

11月  数霊学・言霊学・神霊学及び金山彦神伝治病法 数息鎮魂法

12月  数霊学・言霊学・神霊学及び天津御手振法

【会費】 会員 3580円 一般 5千円  学生 無料



5月20日 平成25年度の詳しい滝行案内をHPのブログ(宮司のつぶやき)に載せました。

参加希望の方は見て下さい。
平成25年5月2日        5月京都陰陽師塾の内容


5月と10月の京都陰陽師塾は実践行法編です。
どんな素晴らしいことを知っていてもそれだけでは充分ではありません。

行法を通して次元の違うエネルギーをご自身の血肉とされて下さい。


(内容)

・自己エネルギーの高め方

・自己と他者と自分の家の結界の張り方


・遠隔投影浄化法

・五十音のあ音発声法

・阿字観あ音発声法

バジュラを持っている人は持参して下さい。
3月13日      4月からの京都陰陽師塾

場所 京都護王神社

時間 毎月第一土曜日の午後2時から4時まで。
   1時から2時までは個人指導の時間(予約)

会費 3500円 5月10月の行法指導は5千円。

滝行は下の案内を見て下さい。
問い合わせの為に再度連絡しておきます。
平成25年2月17日            お知らせ

平成25年度4月からの陰陽師塾は新しい課題に取り組みます。

内容 「数霊・言霊・ご先祖供養を
活用した自己及び他者の運勢エネルギーの開き方」

・自己及び他者の運勢・運命・会社の機運・日本国の流れ等を数霊と言霊の
力を用いてそれらを鑑定できる人材を養成いたします。


参加資格は高校生以上の方ならだれでも参加できます。
期間は、月1回2時間で3年間の予定をしています。

場所は、今まで通りの京都護王神社と大阪森ノ宮神社で開催いたします。
飛び入り参加もOK。
会費3500円

大阪森ノ宮神社   毎月第3水曜日  午後7時から9時まで。
京都護王神社    毎月第1土曜日  午後2時から4時まで。
         (5月のみ第2土曜日)



大阪陰陽師塾  2月・3月は今まで通り開催。
内容      大祓い祝詞の解説と50音について。
        空海聖人が用いたバジュラの活用法。
 
京都陰陽師塾  3月2日(土)開催
        バジュラの活用空間浄化法。
        言霊・数霊 
平成25年1月7日       京都護王神社・陰陽師塾のお知らせ

1月19日(土)  13時半から15時半まで。

内容
今月は特別に、天津祝詞を使った「はふりのわざ(神葬の原理)」をお伝えいたします。
御先祖供養、不慮の事故、自殺者等が成仏できる技を学びます。大阪森ノ宮神社陰陽師塾では、致しません。
今回限りです。ご縁のある方はどうぞ。

2月16日(土) 13時半から16時。
3月16日(土) 13時半から16時。

言霊と数霊の講義と演習です。
今年は、大本言霊学も学びます。
大阪森ノ宮神社陰陽師塾は、今年も毎月第3水曜日の19時から21時頃まで。
平成24年12月20日       平成25年度陰陽師塾の日程

大阪森ノ宮陰陽師塾は平成24年度の日程と同じ。
第3水曜日午後5時半から6時半の間は個人指導。予約必要

19時から21時30分までは講義と質問事項。

京都陰陽師塾
平成25年1月の日程

1月19日(土)場所時間は24年度と同じ。
12時から1時までは個人指導。

1時半から4時までは講義、質問受付。
会費はどちらも3千円。
平成24年11月8日         お知らせ

11月10日の護王神社陰陽師塾終了後、
近くの白雲神社に参拝に行きます。

ここは、昭和天皇の国師三上神龍師が行を成された
重要な場所ですから。そこで、行を致します。
平成24年10月19日 京都・大阪陰陽師塾ご案内(10月・11月・12月)

10月・・賀茂陰陽師流九字神法伝1…一般的九字【密教・修験道】の理解と実践。

11月・・賀茂陰陽師流九字神法伝2・・・古神道・陰陽師流九字の把握と実践。

12月・・八束雷神法(恨み、妬み、呪縛等の波動がわかる)神想観等々。

京都の日程
10月20日・11月10日・12月8日に変更
場所・時間等はすべて同じ。

大阪日程
全て同じ。今まで通り。
平成24年9月24日        10月陰陽師塾のご案内


京都陰陽師塾 期日10月20日(第3土曜日になります)

場所 護王神社  時間 午後1時30分から3時30分

個人指導 午後12時から1時までと、午後4時から5時ま
で。 予約必要  

京都陰陽師塾の10月の内容

大祓祝詞の1母音から3母音までを使っての奏上の仕方と、白山神法、時間があれば九字神法まで・・・・


森ノ宮陰陽師塾 10月はいつもの通り

内容 引き続き白山神法のさらなる実践と九字神法について
9月20日        10月の滝行のご案内


陰陽師塾滝行案内


日時・10月6日(土)と10月8日(月)の2回。
    

場所・交野市交野山の源氏の滝

集合場所・JR学研都市線津田駅前広場

集合時間・11時

連絡は東まで。携帯070−6504−2275

HP(38jinja.com)のブログを参加者は見て下さい。

会費 陰陽師塾会員は三千円、一般は五千円、学生は千円

滝行は、仏界・霊界の滝行ではなく神界の滝行となりま  す。後は、様々な陰陽師の行を通して各自のミタマを開きま  す。

平成24年9月4日        
       
        9月陰陽師塾ご案内

大阪 森ノ宮神社 9月19日(水) 午後7時から9時半京都 護王神社  9月22日(土) 午後1時半から4時

内容

白山キクリヒメの神法をお伝えいたします。多分、日本での公開は初めてでしょう。私もお伝えするのは初めてです。

キクリヒメさまは、高周波媒体の神様です。白山は拍山です。
謎解きが此処にあります。参加者が体得できるように頑張ってお伝えいたします。秘伝は、開放しましょう。時代です。


       10月陰陽師塾のご案内

大阪森ノ宮神社 10月17日(水)時間は同じ。
京都護王神社  10月27日(土)時間は同じ。

九字の切り方をお伝えいたします。
修験道は九字ですが、古神道では十字に切ります。

九字を切れば、自己エネルギーが10倍に上がります。
両手で切れば20倍になるでしょう。

これも、初公開です。太陽の力が強まっている今日、月の力を強めなければなりません。その体得が、九字・十字の行法です。

9月は、キクリヒメ伝。10月は、九字・十字秘伝一回限りです。
役行者にご縁のある方、古神道・滝行を志す方は何かを具体的に把握されるでしょう。





平成24年8月15日NO2        陰陽師塾日程予定表


京都陰陽師塾

平成24年9月から平成25年1月まで。

場所 京都護王神社・聖鳳殿
日時 毎月第4土曜日午後1時半から4時まで。
会費 陰陽師塾会員三千円。入会費無料。当日受付可。一般5千円

当日、午後12時から1時15分までは鑑定相談。予約制。



大阪森ノ宮陰陽師塾

平成24年9月からも今まで通り。

毎月第3水曜日19時から21時半まで。
場所 大阪森ノ宮神社・社務所
会費・入会等は京都と同じ。


いよいよ、シンキンフグボール・チベタンベル等のアイテムを使い
音霊法(音響一音の響きの中のひふみ祝詞奏上の数)を深めます。

更に、古事記数霊序説(岡本典明著)を使い
天津祝詞之太祝詞解説をし言霊法を深めます。
約1年。

言霊・数霊法に興味を持たれている方は必見です。
私も何が出されるやら興味津々です。


陰陽師塾の基本資料

大本言霊学・古事記数霊序説・生命の実相・やまと言葉から宇宙へ

古神道行法秘伝・日國是文字源・般若心経秘鍵

各神代文字の著書等を活用しますから、会員さんは時間をかけて揃えて置いて下さい。
善き資料があればお持ちください。


陰陽師塾は全参加者が一つのチームとなり切磋琢磨の精神で、
自己の神性と霊性を磨き、一族を榮占め、
この世の使命が終わると、自己の神界に帰っていくと云う
己の道を形作ります。

倭姫・トヨスキイリ媛等の各先達が居られますのでゆっくり
その道を進んで往きましょう。



平成24年8月15日         陰陽師塾滝行案内


 日時・9月8日(土)と10月6日(土)の2回。
    8月18日の滝行はお休みです。

 場所・交野市交野山の源氏の滝

 集合場所・JR学研都市線津田駅前広場

 集合時間・11時

 連絡は東まで。携帯070−6504−2275
 HP(38jinja.com)のブログを参加者は見て下さい。

 会費 陰陽師塾会員は三千円、一般は五千円、学生は千円

 滝行は、仏界・霊界の滝行ではなく神界の滝行となりま  す。後は、様々な陰陽師の行を通して各自のミタマを開きま  す。

平成24年8月9日        陰陽師塾滝行案内

 日時・8月11日(土)と18日(土)の2日間
場所・交野市交野山の源氏の滝

集合場所・JR学研都市線津田駅前広場
集合時間・11時

連絡は東まで。携帯070−6504−2275
HP(38jinja.com)を参加者は見て下さい。

8月4日(土)の滝行参加者は13名でした。
滝の神門が開き、虹も架かりました。

正しく、神界行の滝となりました。

2012年8月1日 2012年8月1日   大阪森ノ宮神社陰陽師塾の8月講座は休みです。
9月からはいつもの通りです。
毎月第3水曜日午後7時から9時頃まで。

京都護王神社陰陽師塾は8月から日程が変わります。
毎月第4土曜日の午後1時半から4時までです。

どちらも会費は3000円。
古神道に関する霊的な問題も受け付けます。

2012年8月1日 大阪森ノ宮神社陰陽師塾の8月講座は休みです。
9月からはいつもの通りです。
毎月第3水曜日午後7時から9時頃まで。

京都護王神社陰陽師塾は8月から日程が変わります。
毎月第4土曜日の午後1時半から4時までです。

どちらも会費は3000円。古神道に関する霊的な問題も受け付けます。

陰陽師塾滝行案内 日時・8月4日(土)と11日(土)の2日間
場所・交野市交野山の源氏の滝

集合場所・JR学研都市線津田駅前広場
集合時間・11時

連絡は東まで。携帯070−6504−2275
HP(38jinja.com)を参加者は見て下さい。
6月の陰陽師塾の内容 6月は精神病(ウツ病など)を祝詞・ことたま・呼吸法を使い、
治し方・正し方を学びます。
多分、日本では初めてではないでしょうか。
飛び込み参加OKです。治し方をマスターして下さい。

場所 京都は護王神社『6月16日(土)』午後1時半〜4時

   大阪は森ノ宮神社『6月20日(水)』午後7時〜9時
2012/4/23 2012/4/23   京都陰陽師塾開講のご案内

この4月から京都の御所の西側に位置する護王神社にて京都陰陽師塾を開講致します。
御縁のある方は、ふるってご参加ください。

<陰陽師学びの内容>
1.目的・・・・・・参加者の全員が「陰陽師」になること。
 陰陽師とは、陰と陽のエネルギーを使って、
「一人出家すれば、九族天に生ず」の言葉の如く、宇宙に充満する分化と進化のエネルギーを使い、
自己の天命(神)と宿命(過去世)を知り、
その自覚からほとばしるエネルギーによって、
自己に関する一族・九族を天に昇らしめるという自己自身になることがこの会の眼目である。

まずは、陰陽道を学び、自己の人生の難問題を契機にして自己のミッションを知ることだ。
ミッションを知り、それを実戦するお方を古神道では、ミコトモチと呼ぶ。
まさに、祝詞にあるように、何々のミコトヲモチテ・・・と祝詞が語るその如くである。
まずは、陰陽師なる目的が大切だ。

2.今後の予定
4月・・・陰陽師の歴史解説とお祓い実践(空間の浄化・十字、五芒星、チョクレイ、言霊)
5月・・・直日鎮魂法と天の数歌の秘解(特にややこしいがあえて解説し実践する)
6月・・・祈念法・・・願う秘訣(えてかっての私と無私の私)
7月・・・海の鎮魂法・海の行法は、これを海に入らず、
丘でやろうとする試みである。
     果たして、どこまでできるのか楽しみである。
8月・・・誰でもできる陰陽師鎮魂法
9月・・・神社参拝の秘儀。陰陽師を学ぶ心得
10月・・イワサカ・斎庭の神法・・・自己のミタマの中に中心軸を立てる。
天之御柱地之御柱。
11月・・産土の神、国魂の神、氏神、神木、鳥居、玉串、闇、自我、神棚と人間の関係解説と鎮魂法の復習。
12月・・八束雷神法(恨み、妬み、呪縛等の波動が自己に向けられているかどうかが直ぐわかる)神想観等々
3.場所と日程
・京都御所の西側の護王神社(京都駅から地下鉄烏丸線丸太町駅から北へ徒歩7分)
・4月30日開講(護王神社社務所か聖鳳殿) 午後1時30分から3時30分まで。
・会費 3千円
・今後の予定 5月26日 ・6月16日・7月未定・8月18日
・連絡場所  0774-93-0213or携帯070-6504-2275
        三十八神社(HP http://38jinja.com)宮司 東 豊榮
2012/1/12 滝行のページをリニューアルしました。
(C)M・S