神道同志会滝行

 

 

1) 期日   平成28年7月3日(日)

2) 場所   大阪府交野市・交野山 源氏の滝 祭神(ショウリツヒメ神・母神)

3) 集合場所 JR学研都市線津田駅の前広場午前11時集合)          

4) 持ち物  ・塩1㎏。お酒ワンカップ1つ。

     ・全身「白」の服装

     ・白い体操服の上下又は白のTシャツと半パンツ。 

      (武道をされている人は武道着でもよい)

     ・鉢巻

     ・地下足袋又は足袋。

     ・バスタオル。着替えなど。女子は水着着用の事

滝行目的と効用

滝行目的は二つ。

前者は禊なり。禊は徹底的に自己の肉体と心意識をミソギ自己の5つの身体を光輝かせる行。後者は第7チャクラ(渦巻き・サハスラーラチャクラ)を開き、肉体の心意識が神の心意識に目覚めさせる行法。

滝行は100パーセント滝神のEGを受け切ると第7チャクラが開く。その力が両手に伝わり両手をブルブル回すようになる。これが密教語る水輪行の完成の姿である。滝行はインド、チベットも実践行法の一つ。

 滝は第7チャクラを開き、クンダリーニヨガは第1チャクラより入る。水と火の如く人間の身体に働かれるEGが真逆である。肉体を持ち神体形成(直日開示から一人一宗へ)が出来る行法。玄體結成法ではなく神體結成法。

  

聖徳太子の神職憲法第1条に依るならば、日本の国には、日本を守る國玉の神様がおわします。その御分神が山河の神となる。滝行は自己の神と滝の神の融合を教えてくれる快い行事となる。その滝神の力で自己の罪けがれも初めて見えてくるアジアモンスーン地帯の中では具体的に神を知ることのできる優れた行事である。若者は、是非取り組んでもらいたい。自己の中の天照・月読・スサノオを知るために。

直会(昼食)時には、密教(五輪論・「地・水・火・風・空」)と滝行の相互関係をいつものように解き深めます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://38jinja.com/blog/mt-tb.cgi/300

コメントする

このブログ記事について

このページは、古神道・陰陽師・東豊榮の占い・人生相談(四柱推命・気学・神法)が2016年6月22日 13:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「天皇(スメラ尊)の御田植祭の意義が解る」です。

次のブログ記事は「平成28年7月3日交野山元始の滝行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。