神縁感謝です。

 

 第116回「感動塾」は天氣、元氣、和氣を頂き、

東宮司の修行と志に基づく、深くて熱氣あふれるお導きにより、

滝行、写真展、言霊と色霊との対応関係、

三十八神社参拝、磐座での言霊実践と

「みことひらき」にかかわる実修をてんこ盛りさせて頂きました。

宮司様、ご参加の皆様本当にありがとうございました。

 

 滝行は、糸吉神社の前で、意義と作法を学び、

祓戸の神と磐座にご挨拶し、

掃除をし、お塩で清め、お酒をお供えしと、

段階を踏むことを通じて、魂もステップアップしていき、

いよいよ、本番。

 

 

ひとりひとり滝場に誘われ、滝しぶきから本流へと

周辺から核心へと、三度、一歩、一歩、難度を高めるごとに、

滝とのバリアが取れ、一体感を味わうことができました。

一回目は滝しぶきだけで冷たいと感じていたのが、

三回目は対峙する関係から一体感を感じるほど身も心も心地よく

行をさせて頂きました。

 

 締めの宮司の全身全霊の行は、見ごたえと感動がありました。

うーという念を発声されるや、一気に多くの円光(たまゆら)の花が

宮司を中心にして咲きました。

 

 

滝の神さま、竜神さまの大歓迎を目の当たりにして、心躍りました。

神さまと宮司さまの共演に酔わせてもらいました。

 滝から上がった後も、可憐な蝶が舞うという形で

目と魂を喜ばせて下さいました。

 

 後の、バスの中も、食事会場も、写真展会場も、三十八神社も

多くの気付き、感動があり、至福の一日でした。

 皆様方と感動を共有し、創造できたこと、本当に嬉しく楽しく、

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

            2015年7月28日

 

 

 

 

私も滝行の奥深さに感動致しました。滝行は川の禊ぎなど普通の禊行と徹底的に違うことは滝の中で滝の神様の光を人間が持つ5つのエレメント体に受ける事です。だから効果が抜群です。

 

神界行の導師の滝行は神界の神様が対応してくれることも不可思議な事です。滝行には、これは最近解ってきたことですが、神界行の滝行を繰り返すと古神道の極意、鎮魂・帰神・サニワが同時に磨かれ上達するということ。これは大変重大な事です。更に白川流神道の息吹・手振り・神籬の実践理解も深まりましょう(東)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://38jinja.com/blog/mt-tb.cgi/289

コメントする

このブログ記事について

このページは、古神道・陰陽師・東豊榮の占い・人生相談(四柱推命・気学・神法)が2015年8月 3日 19:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「源氏の滝行のご案内」です。

次のブログ記事は「感動塾源氏瀧行の貴重な体験記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。