宮崎貞行著「失われた奥義・縄文鼓動のよみがえり」
出版記念講演会の感想

1年ぶりで宮崎先生の講演会に参加した。今回はアマノコトネさん達8名で恵那山からクライ山にかけて古事記・大成経に登場する「オモイカネの命」の追求課題を中心として飛騨縄文文化の神髄に迫ろうという旅の報告と行法指導だった。

能力者のアマノコトネさんから得られる異次元情報と先生の霊的な直観のふたつの軸を重ね、本質がわからないオモイカネ命の重い岩戸扉を開けようとした歴史的な旅のお話だ。これは自己を開く神行である。

私も40歳代には御嶽山の上下二つの滝でミソギ滝行を行い御嶽山に登拝した。御嶽山は親神(神界)のましますお山でもある。

御嶽へ車で行く途中屏風岩が見える高速道をよく通った。恵那山には昔から興味があったがアマテルとオモイカネ命にご縁がある御山だとは知らず通っていた。

著書は今日まで隠されてきた「阿智家・吾道家」の神道行法―「ミソギ・ヒソギ・コトタマ」即ち天皇家実践の行(祝の原型)の開示だと知る。これは密教行法にも関係し、妃殿下が肉体的に救われたと云われている宮中行法とも近いのではなかろうか。詳しくは本の読誦を。

直会は、会場の椅子の整理をしていたので2番目に遅く直会会場に着き、後ろの奥の席に坐した。一番遅く直会入りされたのは清水さんの奥さま。

3分も立たない内に、席を代わって下さいと知らない女性(彼女の氏神は和歌山のヒノクマ神社。前のアマテル神とスサノヲさんが祭神だ。お礼に天命と彼女に絡む五行のエネルギーを知らせる)から声をかけられた。

かわった席はコトネさんの横となり初めて少し突っ込んだお話もできた。コーヒータイムでは宮崎先生の横となり秀真伝の事も聞く。

帰り道阪急6甲駅では、参加者の5人の年配の女性の方と一緒になり大阪駅まで語る。不思議な現象を6人が見る。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://38jinja.com/blog/mt-tb.cgi/371

コメントする

このブログ記事について

このページは、古神道・陰陽師・東豊榮の占い・人生相談(四柱推命・気学・神法)が2018年4月17日 17:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミソギとヒソギの左右回転」です。

次のブログ記事は「昭和天皇に学ぶ-1-」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。