101歳・介護保険も全く使わない東義照の元気の秘密

101歳・介護保険も全く使わない東義照の元気の秘密

徳島県の南に海亀の町と云われる日和佐町があります。名前の由来は日和佐氏即ち源氏再興の第一人者である源三位頼政翁の六代の孫が日和佐氏である。

叔父は今、人口減少社会に突入している日和佐町(みなみまち)の復興に大忙し。その為に10年前から書いている日和佐物語の現実化を始めている。

日和佐は昭和天皇・平成天皇・高円宮・閑院宮等々が来られた小さな港町だが歴史は古い。阿波の美波の海岸線を古来の言葉で出雲とも云う。

この美波町には12年前の道路工事時に5500年前の縄文中期の跡が見つかった。そして、町にはホツマツタヱの写本もあったという。調べれば面白いかも。

下の手紙は三日前に叔父から来たもの。これを読めばその意気込みがよく分かる。清水さんから叔父のDVD第一回目のセミナーをUチューブで流す許可を頂いた。

目的は日本の75歳以上の御老人の健康の為である。医療費45兆円時代と云われる国費削減の為でもある。よければ、どなたかご協力ください。

自動代替テキストはありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://38jinja.com/blog/mt-tb.cgi/366

コメントする

このブログ記事について

このページは、古神道・陰陽師・東豊榮の占い・人生相談(四柱推命・気学・神法)が2018年3月 8日 18:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「言霊の暗黒面・現象面」です。

次のブログ記事は「消えたB291号機の真実」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。