2016年7月アーカイブ

平成28年7月3日  交野山元始の滝行

 

好天に恵まれ、太陽の光の中に包まれながらの瀧行となる。参加者は私を入れて5名。千葉からYさん、神奈川からOさん、奈良からIさん、三重からTさんである。今年は、7月、8月、9月の3回の神道同志会瀧行を予定している。


 

この瀧で、Oさんは御霊が開く。2回目の滝行時である。神界の光が内から差し昇る。また、Tさんの守護神はAの瀧の龍神さんである事がわかる。なぜその場所に誕生され今まさに住んでいるのか?と云う深い人生問題への問いに対する答えの一つである。


 

人の魂(神界所属)の輪廻転生はない。転生するのは肉体のみ。次元を異にする修行のためである。滝行を厳しく重ねるとこれが鮮明に解り出す。滝行の大きな功徳である。


 

滝が終わり午後3時頃からいつものように、うどん屋で昼食をしながら5時過ぎまで、大日経五輪論のテキストを使った行法等の話。この書は、弘法大師が唐に渡る原因となった真言密教最大のテキストである。


 

内容は、人の意識は、どのようにして進化し、成仏・成神されるかを解く。神道的に表現するならば、天照〈大日〉成神論となる大変奥深い人間の魂の発生と進化を解く人間宇宙成仏成神論である。

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。